消費者金融

銀行系と消費者金融系の違いについて

カードローンの審査については、銀行系と消費者金融系でその基準に違いがあります。基本的に銀行系のカードローンは限度額が高く金利も低めに設定されます。

 

その分、審査は厳格で時間がかかるという場合も多くなっています。無担保ローンですからそれは仕方のないことなのかもしれませんが、突然申し込む必要性が生じた場合には利便性に欠けるという欠点はあるでしょう。

 

再審査も厳しく数日の滞納を何度か起こしただけで、再審査の結果、更新拒否ということもあります。一方で消費者金融系のカードローンは審査が比較的ゆるやかでスピーディーと言われていますがカードローン審査のゆるいところなんてありません。

 

突然お金を借りる必要が生じたときには非常に便利でしょう。ただ消費者金融系カードローンの弱点は、銀行系に比べて限度額が低く金利も高めに設定されてしまうという点です。

 

どちらも長所と短所がトレードオフの関係になっていますが、これらの特徴を見ながら状況に応じて使い分けましょう。

消費者金融の審査で重要な事

消費者金融からお金を借りる際、避けては通れない審査で重要視される事と言えば支払能力です。

 

アルバイトと言うと、低収入に思われてしまいがちですがアルバイトであっても正社員並に収入を得ている方もいますし、もちろんそれ以上の方も多くいます。

 

毎月収入を得る事が出来ていれば、アルバイトとして働き収入を得ている方であっても雇用形態に関係なくアルバイトで消費者金融からお金を借りる事が出来るのです。

 

消費者金融では、1万円からの低額融資を提供している所も多いですし無理に沢山のお金を借りようとしなければ、収入がそれほど多くない方であっても審査は通りお金が借りられます。

 

貸付に関しての詳しい審査条件が知りたいという場合は、消費者金融のウェブページを参考にし確認すると良いでしょう。

 

どうしても消費者金融 審査が不安・・・と言う場合は本審査を受ける前に事前審査を受けて審査の目安を確認しておく事により、不安なく本審査を受ける事が出来ます。

銀行カードローンの審査で作ったカード

私がダブルワークをするきっかけは、今やっている仕事のお給料とは別に、家計にあと2〜3万あったら助かるのにな〜という軽い気持ちからでした。それと銀行カードローンの審査に通ったカードの返済の足しにもなると考えたからです。

 

それまでは午前中だけ仕事をしていましたが、子供も手が離れてきて、自分の時間にも余裕が出てきたので、空いた時間の午後に何かもう一つ仕事はないか、と思っていました。するとそんな時、友人から時間的にもちょうどいい仕事が舞い込んできました。

 

 

それから始まったダブルワークですが、どちらも短時間の仕事でも、やはりダブルワークをやり始めたころは体力的にきつかったです。


両方の仕事に、同じだけのエネルギーをつぎ込むことができず、午前の仕事を頑張った日は、午後が辛く、午後を頑張った日には翌日の午前が辛く、といったことを繰り返していました。

 

それに慣れるには1カ月くらいかかった気がします。両方大事なお仕事ですが、それでも、どちらに自分のモチベーションや収入の比重を多くおくかを決めておくのはとても重要なことだと思いました。

page top