消費者金融一覧

ニーズの高い消費者金融一覧

一覧の消費者金融の審査ではココがチェックされる

消費者金融のカードローンの審査は銀行カードローンに比べてしっかり与信を審査してくれますがその理由は、

 

 

銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融が担っているからです。


三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三菱UFJ銀行はアコムが保証会社。なので審査能力は古くから無担保個人貸付をしてきた大手消費者金融の方があるのです。ですがさすがに大手消費者金融でも以下の項目はしっかり審査されます。

元社員が教える消費者金融審査でチェックされる4つのポイント

 

  • 年齢が20歳以上か?
  • 借入希望額が年収の1/3以下か?
  • 他社借り入れがある場合は”他社借り入れ額+借入希望額”が年収の1/3以下か?
  • 申込時の記載事項に嘘・偽りはないか?

以上のことをしっかり頭に入れておけば後はどの消費者金融に申込むかを選択するだけです。大手消費者金融は即日融資にも対応するサービス

 

 

  • 振込可能な金融機関を網羅
  • 振込可能時間が長い(原則24時間振込可能)
  • 自動契約機が全国多数あるので即日カード発行の可能性が高い

も兼ね備えているので今すぐ借りたいときも安心。後は利息だけの問題ですよね。消費者金融で借りたい方が見ているわけですから借りたい金額ではなくてスピード重視ですよね?仮に20万円を借りて5万円ずつ4ヶ月で返済したとすると、

- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 4ヶ月目の利息 利息合計
プロミス なし
初回30日無利息サービス
およそ2,195円 およそ1,463円 およそ732円 およそ4,389円
アコム なし
最大30日金利0サービス
およそ2,219円 およそ1,479円 およそ740円 およそ4,438円
SMBCモビット およそ2,959円 およそ2,219円 およそ1,479円 およそ740円 およそ7,397円

表のとおり無利息サービスのあるプロミス・アコムが有利です。返済期間が短ければ正直銀行カードローンより安い利息になります。

消費者金融の審査で注意するポイント

最近は消費者金融のカードローンの利便性が増したことで、申込をする人が増加しています。しかし、カードローンを利用できるのは、当然審査に通った人だけです。現実に大手の消費者金融の審査に通る確率は50%もなく、審査に落ちる人が少なくありません。

 

審査に落ちる要因には色々ありますが、最も多くなっているのがカードローンの利用件数です。利用件数が多いということは、それだけ借入金額を増加するというリスクが内在するため、審査に通らない確率が高くなります。一般的に3件までが限度になっています。

 

それと、現在は貸金業法による総量規制が敷かれているため、現在の借入残高が年収の3分の1に近くなっている場合は、貸出枠に余裕が無いため審査に通りません。

 

なお、銀行のカードローンは貸金業法の適用外になっているので、いくら借入があっても総量規制の対象にはなりませんが、借入していることには変わりはないので審査には影響します。また、銀行からの借入は消費者金融には知られないと誤解している人もいますが、現在は信用情報機関同士の定期交流が図られているので、銀行からの借入情報も消費者金融が共有できるようになっています。

 

ちなみに、年収の3分の1近い借入がすでにある場合は、総量規制の「例外」扱いとなる「おまとめローン」に申し込むべきです。おまとめローンであれば、年収の3分の1を超える借入も可能です。

 

そして、意外に多いのが「申込ブラック」です。申込ブラックというのは短期間(1ヶ月程度)に4社以上のカードローンを利用すると、その時点で審査からオミットされます。

 

短期間に連続して申込をすると、相当お金に困っていると判断されます。

 

なお、勘違いしている人もいますが、審査に落ちてもカードローンに申し込んだ情報は指定信用情報機関に登録されます。

 

そこで、無駄な申込ブラックにならなくてもいいように、カードローンを申し込む時には正式な申込をする前に、「3秒診断」などの簡易審査を利用することです。

 

簡易審査では名前などの個人情報を入力しないので、指定信用情報機関に登録されることはありません。

 

ところで、電話料金が未納の場合は審査に通らないので、完納しておく必要があります。それと当然ですが、返済事故のある人は絶対にだめです。

消費者金融を利用するためのニーズ

消費者金融を利用するニーズには様々なものがあります。その中でも最も代表的なものといえるのが、

 

 

「必要なものを購入するにあたり資金が足りない」


というものです。これについては欲しいものを買うとなると常に付いて回る問題かもしれませんが、やはりどうしても欲しいものがあるとなればお金がかかるのはむしろ当然の話です。

 

消費者金融を利用するうえでのメリットとしては、ひとつはその使用目的を限定されていないという点が挙げられます。銀行や信用金庫など、「金融機関」と呼ばれるところには様々なものがありますが、そのほとんどは融資を行うにあたって資金の使用目的を確認されます。

 

使用目的が明確なものであればともかくとして、そうでなければわざわざ銀行などからお金を借りるメリットは薄いといえるかもしれません。次に消費者金融を利用する上でのメリットといえるのが、「スピーディーな審査」という点です。

 

消費者金融のほとんどは、融資を申し込んだその日のうちに借入金を受け取ることができるという「即日融資」に対応しています。こうした消費者金融を利用する際に必要なニーズとしては、

 

 

「できるだけ早くまとまったお金がほしい」


というものです。緊急性の高い融資を受けたいと考える人も多く、消費者金融業者そのものも、こうしたニーズに対応する形で成長してきた業態といえます。こうした点に加えて、消費者金融の持つもうひとつのメリットとしては、融資可能な金額の幅が広いという点があります。

 

ほとんどの消費者金融業者では、最大で200〜300万円前後まで融資が可能という特徴を持っており、スピードに加えて高額の融資が必要な場合についても対応できるというメリットがあります。

 

もちろん融資を受ける金額によってはある程度審査にかかる時間も変わってくるものの、それでも消費者金融の持つこうしたメリットを見込んで融資を申し込む人は少なくありません。実際に借入を受ける場合には、年収など一定の制限こそあるものの、誰でも手軽に利用できるというのは大きなメリットといえるでしょう。

消費者金融を知っておこう!

貸金業法のキホン日本貸金業協会

仕事をしていない専業主婦でも消費者金融で借りれる?

仕事をしていない専業主婦の場合は、原則として消費者金融を利用してお金を借りることはできません。ここでいう「原則」というのは、現実問題として専業主婦という立場でありながら消費者金融を利用している人が少なからず存在しているためです。

 

ではどういった方法があるのか、ということを考える前に消費者金融業者を利用してお金を借りるための前提について考える必要があります。まず、第一に消費者金融を利用してお金を借りるためには

 

 

「毎月安定した収入を得ていること」が条件となります。


つまり、仕事をしていない専業主婦の場合は消費者金融を利用してお金を借りることがそもそもできないのです。消費者金融業者には大手・中堅を問わず多くの業者が営業をしていますが、ほぼすべての業者がその条件を掲げています。

専業主婦で消費者金融を利用すているケースとは?

そのため、専業主婦の立場で申し込んだとしても審査には通らない場合がほとんどです。では専業主婦であっても消費者金融を利用している人がいるのはなぜなのか、という点ですが、これにはいくつかの理由があります。最も考えられるパターンとしては、

 

 

「消費者金融に申し込んだ段階では専業主婦ではなかった」というものです。


例えば、結婚する前にパートなどで働いており、その段階で消費者金融に申込んだとすれば消費者金融の利用条件を満たしていますので特に問題はありません。その後家庭に入り、専業主婦となった後も借入残高が残っていれば利用状況が続いている事になります。

利用者が皆無に等しい消費者金融の貸付とは?

もっとも、この場合は既存の契約を継続している状態なのですが、新規に消費者金融を契約している人もいます。こうした人の場合は「配偶者貸付」といって配偶者の収入をもとに消費者金融で融資を受けているというケースです。これは専業主婦が

 

 

消費者金融でお金を借りるための唯一の方法ともいえるものですが・・・


配偶者貸付を利用するためには手続きが煩雑になるためほとんどの業者では対応していません。専業主婦でも借りられるところを探す労力を考えれば、消費者金融でも利用できる状態になる方が早いといえるでしょう。

主婦でも申込める消費者金融一覧

 

主婦でもパートなどで安定収入があれば消費者金融に申込むことが可能です。


銀行カードローンでもパートで安定収入があれば申込可能ですが、主婦にとっては大手消費者金融の方がメリットがあります。

 

 

  • 与信の少ないパート主婦では厳しい銀行カードローンの審査には通りにくい
  • 申込んだその日に借りることが銀行カードローンでは難しい
  • パート主婦の借り入れる金額ではそれ程金利は変わらないので無利息サービスのある大手消費者金融の方が利息が少なくなる場合もある

専業主婦は消費者金融では申込めません!

 

専業主婦は残念ながら消費者金融では申込めません。


総量規制の関係で収入のない専業主婦の受け入れをほぼ全ての消費者金融が断っています。ですので総量規制対象外の銀行カードローンしか申込めないのですが、銀行カードローンでも収入のない専業主婦をすんなりとは受け入れてくれません。

 

ですので小額の借入枠を専業主婦用に用意している銀行カードローンに申込むのが最適です。小額借入枠なので審査も簡素化され誰にもバレずに申込む事ができます。

小額の借入枠を専業主婦用に用意している銀行カードローン一覧

カードローン 金利 専業主婦枠
みずほMy Wing 年9.0%〜14.0% 最高30万円
スターカードローン 年4.5%〜14.6% 10万〜500万円以下(明記なし)
イオン銀行カードローン 年13.8% 最高30万円
セブン銀行カードローン 年15% 10万・30万・50万のいずれか

消費者金融の必要性とは?

消費者金融に求められるニーズというものは、時代によって異なりますが、それを利用する人によっても違うものです。

 

当然ながら、人によっては全く消費者金融というものと取引をしないというケースも考えられることから、消費者金融そのものの必要性というものは常に論じられるべきものであるといえるでしょう。必要性がないと判断された企業はその存在そのものが許されない現代社会において、生き残りの企業努力を重ねた結果とはいえ現在も多くの消費者金融業者が存在していることを考えると、社会的には必要な存在であると考えることができます。

 

消費者金融がなぜ必要なのか、その背景にあるのは長引く不況がその一端といえます。ひところに比べると景気は少しずつ回復しているとはいえ、それでも企業に勤めるサラリーマンの賃金は上がらず、経済的な効果というものもなかなか目に見えて好転しているとはいえません。そんな中、誰でも手軽に利用できる消費者金融は、庶民の「万一の備え」として多くの人が利用しています。

 

ただお金の融資を受けるというだけであれば、銀行や信用金庫、農協などでも行っていますが、「必要な時に必要な分だけ」利用できるというメリットを考えると、やはり消費者金融のもつ必要性は他の金融機関よりも群を抜いているということになります。

 

にもかかわらず、なぜ必要性がいつも議論されるのかといえば、それはとりもなおさず、その「利便性の高さ」にあります。消費者金融を利用するにあたっての審査内容についても「甘い」という指摘は常につきまとうテーマであり、実際のところは決してそのようなことはないにも関わらず、申し込んだ人全員が利用できるかのような風潮すらあります。

 

消費者金融の必要性を論じる前に各個人に求められるのは、消費者金融という業種に対する正しい理解です。ここまでに大きなビジネスになった消費者金融という業種の背景には、それを望んだ人々の存在があるはずです。こうした人々の存在を考えずに必要性だけを論じるのは少し的外れかもしれません。

消費者金融の審査で最も重視されるのは「既存の借入金額」

消費者金融では、利用するにあたって必ず審査というものを受ける必要があります。さすがに住宅ローンなどに比べるとその審査の内容や基準はかなり簡略化されているものの、消費者金融業者からすれば融資を行った相手が返済してもらえなければそれだけ損をすることになりますので、審査についても決して甘く見てはいけません。

 

この消費者金融の審査で特に気をつけたいポイントとしては、「必ず正確な情報を伝える」という点にあります。消費者金融の審査では、個人情報信用機関というところに申し込んできた人の情報を照合して行われます。

 

消費者金融に申し込みをした際に多いのが、実は既に借入があるにもかかわらず、審査に不利になると思って借入を受けていない、と伝えるというものです。この個人情報信用機関には、申し込んできた人の融資の経歴などが細かく登録されており、ここに確認することでその人が過去に借入を受けたかどうかという点についてはすぐに調べることができます。

 

しかも借入の有無はもちろんのこと、その金額や返済の履歴なども登録されていますので、たとえば既存の借入残高を事実よりも低い金額で申告している場合であっても業者側にはその事実が伝わってしまいます。消費者金融業者が審査において申し込んできた人の既存の借入残高について細かく調査をする理由は、その人の返済能力を確認するという意味もありますが、やはり総量規制との関係も大きいといわれています。

 

総量規制では、消費者金融で行う融資の場合その人の年収の3分の1を超えて融資ができないとされており、こうした理由から現在どれぐらいのお金を借りているのか、という点は消費者金融業者からすれば非常に重要な意味を持っています。

 

既存の借入残高が既に年収の3分の1に至っていればその人にはもう融資を行うことができないといったケースも十分考えられます。それだけに、消費者金融の審査に通らない場合の理由としても「借りすぎ」といったケースが最も多いものといわれています。

消費者金融一覧のQ&A

消費者金融などの「融資」のシステムについて質問です。前にどこかのサイトで「これまで返済が遅れたことがなかったのに他からの借入が50万円あったことが発覚して出勤停止になった」といった噂がありました。

 

現在私はどこかから借入を受けているわけではありませんが、不動産投資を目的として競売物件の購入を考えており、3社からトータルで150万円ほど借入を受けようと考えています。

 

予定としては1社から50万円ずつ借りれば150万円まで届くのですが、どこか1社でも融資減額などがあれば目標の金額には届かなくなります。

 

即日で3社とも50万円の融資を受けることは、果たしてできるのでしょうか。ちなみに、昨年の年収は230万円でした。

現在、キャッシングで融資を受ける際の規制を定めた「総量規制」という法律があります。その法律では、年収の3分の1までが融資を受けられる上限と定められており、その例外となるのは銀行からの融資や住宅ローンなどとなっています。

 

総量規制の規定から考えると、年収が230万円ということであれば借り入れできる限度額は最大で70万円までということになります。また、1社あたり50万円が目標ということですが、いきなり最大の70万円まで融資を受けるということもおそらくできないと思います。

 

年収が200万円以上あるとはいえ、この条件では1社あたり最大で30万円といったところでしょうか。不動産投資を目的として購入するということであれば住宅ローンとも異なる性格といえますので、総量規制の例外にも該当しないと思います。

 

銀行でのカードローンであれば、総量規制の対象にならないというメリットがありますが、銀行系カードローンの場合審査にかかる時間も長く、融資の使用目的によっては審査が通らない場合もよくある話です。

 

いずれにしても、消費者金融からのキャッシングで150万円そろえるのは不可能と思いますので、出資先を別に探したほうが良いでしょう。

女性が自立・社会に出ることによって女性キャッシングの需要も高まってきました。男女同じ審査内容ですが、少し不安だという女性の方はレディースキャッシングを利用するといでしょう。

『収入証明不要』は銀行有利だが審査は消費者金融なので消費者金融に軍配

消費者金融で融資を受けることは、今やかなり一般的なものとなっています。

 

インターネットが普及した現代では、多くの消費者金融がインターネットを通して融資の申し込みができるようになっていますので、より手軽に申し込むことが可能となりました。

 

これだけ消費者金融が一般的になった背景には、申し込みがとにかく手軽であるという点が挙げられますが、その手軽になった申し込み手続きの中に、「収入証明不要で借入」というものがあります。

 

収入証明とは、たとえば給与明細などのように、自分がどれぐらい収入を得ているかということを証明する書類です。

 

たとえば、住宅ローンなどのように高額のローンを申し込む場合には、こうした収入証明を提出することが必須となっていますが、アコム・プロミス・SMBCモビットなどの消費者金融では融資を受けることができる金額が少額ということもあり、収入証明の提出を原則として不要としています。これは消費者金融の審査が借入額を小額にする事によって貸し倒れリスクを軽減しているからできる事なのです。

 

運転免許証などのように身分証明書は常に携帯しているものですが、収入証明は用意することが難しいので、こうしたものの提出が不要というだけで、かなり申し込みが手軽になっているとイメージすることができます。

 

ただし、消費者金融では収入証明の提出は「原則として」不要としています。

 

一般的には、50万円までの融資申し込みであれば収入証明を提出することは不要となっていますが、50万円以上の融資を申し込んだ場合には審査段階で収入証明を用意しなければならないとされています。

 

また、50万円までの融資であっても、他からの借入がたくさんある場合には収入証明の提出を求められるケースもあります。

 

消費者金融に申し込む際のニーズとしては、やはりできるだけ早くまとまったお金がほしいというものがあります。

 

そのため、審査の時間を短縮するという意味で考えるなら消費者金融での融資希望金額は50万円までで申し込むと良いかもしれません。

 

高額の申し込みになれば、それだけ審査にかかる時間も長くなりますし、収入証明を用意する手間もかかりますので時間的なデメリットは避けられないということになります。

更新履歴
page top